スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

Palace of Lotus Paddy condominium

When in the course of human Events, it becomes necessary for one People to dissolve the Political Bands which have connected them with another, and to assume among the Powers of the Earth, the separate and equal Station to which the Laws of Nature and of Nature’s God entitle them, a decent Respect to the Opinions of Mankind requires that they should declare the causes which impel them to the Separation.

We hold these Truths to be self-evident, that all Men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain unalienable Rights, that among these are Life, Liberty, and the pursuit of Happiness―-That to secure these Rights, Governments are instituted among Men, deriving their just Powers from the Consent of the Governed, that whenever any Form of Government becomes destructive of these Ends, it is the Right of the People to alter or abolish it, and to institute a new Government, laying its Foundation on such Principles, and organizing its Powers in such Form, as to them shall seem most likely to effect their Safety and Happiness. Prudence, indeed, will dictate that Governments long established should not be changed for light and transient Causes; and accordingly all Experience hath shewn, that Mankind are more disposed to suffer, while Evils are sufferable, than to right themselves by abolishing the Forms to which they are accustomed. But when a long Train of Abuses and Usurpations, pursuing invariably the same Object, evinces a Design to reduce them under absolute Despotism, it is their Right, it is their Duty, to throw off such Government, and to provide new Guards for their future Security. Such has been the patient Sufferance of these Colonies; and such is now the Necessity which constrains them to alter their former Systems of Government. The History of the Present King of Great-Britain is a History of repeated Injuries and Usurpations, all having in direct Object the Establishment of an absolute Tyranny over these States. To prove this, let Facts be submitted to a candid World.



・・・・・・・・・・・・ Ikinari wakeno wakaranai Eigoga kakarete imasuga, hondaitoha mattaku kankei arimasen. Daimeiga Eigodattanode nantonaku Eigono bunwo sonyu shitemimashita. chinamini kono Eibunha America gasshukoku no dokuritsu sengenbun desu.


というわけで、開いてみたらおかしなことになっていてナニコレ珍八景状態になったかもしれませんが、今回の記事は題材自体がナニコレ珍八景なんです。それはロータス・パディ・シティこと蓮田市で見つけたヘンなものです。

Palace of Lotus Paddy condominium »

スポンサーサイト
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

緑の龍の中に乗って -東北新幹線はやぶさ-

CIMG4081.jpg

前回の記事で書いた経緯により、盛岡駅から夢の超特急はやさ  に乗ることにしました。

やっぱり乗っておきたいじゃあないですかー。今や夢の超特急は0系ではなくはやぶさですよ! たぶん。

緑の龍の中に乗って -東北新幹線はやぶさ- »

押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

盛岡市内

前回の記事で書いた結果、新青森で新幹線に乗り、青森を後にしたのですが、まだ盛岡で降りるか仙台で降りるか迷っていました。


















実は、この時に乗っていた新幹線の後にはやがやってくることになっていて、行きに乗れなかったこともあり、乗れるならぜひ乗っておきたいと考えていました。

時刻表を見たところ、盛岡よりも仙台の方が乗り換えまでに時間があり、現地に長くいられそうだったので、仙台に行こうと考えていたのですが、よく見直すと盛岡でも乗り換えに30分以上の時間がありました。


・・・・・・というわけで、盛岡ではやてを降りて、時間までは辺りを散策し、はやぶさに乗ることにしたのです。

盛岡市内 »

押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

上野から続いてきた線路が終わる場所 青森駅

弘前を出て、元来た単線を通り、新青森を通り越して青森駅に来てしまいました。弘前に長居しすぎたことと新幹線の都合で30分くらいしかいられなかったのですが、時間の範囲内で青森を見てきました。

上野から続いてきた線路が終わる場所 青森駅 »

押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

弘前城と弘前の市街地

そういえば、震災の被害ですが、仙台特別行政区で新幹線の中から仮設住宅を見た以外は特に目立ったものは見られませんでした。
内陸にある新幹線の沿線や日本海側の弘前しか見ていなければ被害を目の当たりにすることはたぶんありませんよね。

で、その弘前の話ですが、市街地を徘徊しました。

弘前城と弘前の市街地 »

押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

弘前はすごい町

カクカクナントカで念願のあおもりんごに着きましたが、早速弘前に向かいます。

そういえば東北自動車道って東北縦貫自動車道弘前線っていう名前ですが、弘前市内はほんの数キロメートルしか通ってない上にICもありません。

弘前はすごい町 »

押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

上尾駅周辺の様子

上尾といえば上尾ローションですね☆彡

そんなの知らんって?

これのことです。
LAWSHON.jpg

やだー!何この子こんな画像載せてるの?やらしーと思った方!

もう大昔のことですがけーたいでおもしろ画像を探していたらこんな画像が出てきたのですよ。

ちょうどその頃はゆーぎおーかーどに夢中になっていた時でして一刻館によく行っていました。他の所に行ってからその帰りに寄ることが多く、冬ともなれば薄暗くなってから行き、店を出る時には辺りは真っ暗なんてこともよくありました。

その情景をある日の夢で見たのですが、その時に近く(ここらへん)にこの街のHOTルーム ローションがあったのです。

おもしろ画像にあったローションを(夢の中で)上尾で見たということでわたしがこの夢を「上尾ローション」
と名付けました。ただそれだけです。





妄想ということです。

ちなみにこの看板が実際はどこにあるのかは知りません。

それにしても正屋ってすげーなおい(汗

「正屋」ってナンダヨ!!!と思った方!ローソンのことです。

これも私が勝手に造語したおもしろ画像由来の言葉でして、元になった画像がコレ。





jong-ya.jpg

初めて見たとき笑いました。きむじょんがローソンの店長になっています。ただでさえ面白いのに制服が似合っていて店長の風格を漂わせているところが笑いのツボにはまりました。

で、この画像の印象が強すぎていつの間にかローソンのことを「金正日の店」、略して「ジョンヤ」と呼ぶようになっていました(笑)

他にも「北朝鮮一馬鹿な男」だとか「板門店 店長」だとか書いてある画像もあるのですが、ただ「店長 金正日」とだけ書いてあるから面白いんですよ。



余計なことを話しまくりましたが先日、聖地巡礼氷川神社参拝のためにオーミヤまで行ってきました。

行く途中に上尾駅周辺の写真を何枚か撮ったのでお見せしたいと思います。

上尾駅周辺の様子 »

押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

常光 水路の旅

矛盾って言葉がありますよね。どんな盾も通せる矛とどんな矛も防げる盾を同時に売っていた奴がその矛でその盾を突いたらどうなるのか聞かれ、何も答えられなくなったって話が起源ですが実際に突いてみたらどういう結果になっていたんでしょうかね。

さて前回の続きですが今回は篠津ではなくその隣、鴻巣市の紹介です。

常光 水路の旅 »

押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

渦中の八ッ場ダム

さすがに湯畑を記事にしただけではあまりにもそっけないので今日はもう1つ投下します。
実は草津に行く途中には某新与党によって一気に有名になった八ッ場ダムの水没予定地があるのです。

着工から50年近く経っても完成しない様はガウディーの某名作のようですがやんば館というダムの広報活動を行っている博物館のようなものがあります。中は圏央道インフォメーションを軽く凌駕するかなり凝った展示内容になっていますがこれにいくら税金がかかっているのかについては触れないようにしておきましょう。

渦中の八ッ場ダム »

押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

白根山に登ったよ

草津といったら温泉ですが白根山も有名です。温泉に行く前に白根山に行きました。

白根山に行くには車で山道を登ることになるのですが、途中硫化水素が大量発生しているところがあります。そのためこの区間は駐停車禁止区間になっていて、窓が開けられないのはいうまでもありません。ちなみに硫化水素はご存じの通り特有の臭いがある危険な気体ですが、濃度が高くなると臭いを感じなくなります。硫化水素には嗅覚を麻痺させる作用があるからです。なので臭いを感じているうちはまだ安全です。臭いを感じなくなったら相当ヤヴァイわけですが、そうなったらヤヴァイことすら分からなくなります。これが硫化水素の一番恐ろしい所なのです。

さらに硫化水素が噴き出している付近にある標識の支柱やガードレールなどの鉄は酸に侵されて錆びています。ここに限らず草津の市街地も強酸性の温泉の影響で同じような状況です。


とまあ、こんな感じの殺伐とした所を進んでいくと観光化された場所に出て、レストハウスと駐車場(有料)が現れます。

白根山に登ったよ »

押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

【お知らせ】 公表から1年を経過した記事に対するコメントには返答をしない場合があります。1年以内にコメントが投稿されなかった記事はコメントの受付を停止します。

«前のページ  | ホーム |  次のページ»

ヘッダー画像について

城山公園の大池

プロフィール

元羽龍鳥 …ではないです

Author:元羽龍鳥(げんばるとう)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加

検索フォーム

カテゴリ

【道路工事】 (165)
圏央道 (56)
上尾道路 (19)
川越栗橋線 (26)
第二産業道路 (7)
桶川市内の区画整理・生活道路 (53)
道路工事(その他) (4)
【桶川の話題】 (91)
ベニバナウォーク桶川 (6)
市役所建て替え事業 (5)
イベント (13)
歴史 (8)
風景 (7)
雑学 (2)
珍百景 (5)
桶川検定 (4)
桶川の話題(その他) (41)
私的話題 (23)
【市外の話題】 (31)
グリコ北本工場 (7)
大宮区 (3)
久喜市 (4)
その他市町村 (17)
埼玉県 (3)
外環道 (2)
削除済み記事 (28)
未分類 (1)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。