スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

弘前はすごい町

カクカクナントカで念願のあおもりんごに着きましたが、早速弘前に向かいます。

そういえば東北自動車道って東北縦貫自動車道弘前線っていう名前ですが、弘前市内はほんの数キロメートルしか通ってない上にICもありません。

新青森駅は上部に新幹線が通っていて、下にオーウ本線という電車が通っています。
CIMG3969.jpg

そういえば、前日の東北地方の天気予報では、青森以外は雨ってなっていましたが、新幹線に乗っていると曇っていたり晴れていたりでした。で、肝心の青森は晴れていたのでよかったです。むしろ暑かった!

それと、事前に話した通り、わたしは東日本パスを使ってここまで来たのですが、同じようにこの1manyen切符を使って来たぢばさん※がめっちゃ多い!!

以下一時的に関東に戻ります


※ぢばさん:「じーさんばーさん」の略。本来の略は地場産業のことだが、中学の時に北辰テストの会場一覧で「秩父じばさんセンター(地場産業振興センター)」を見たときに真っ先に「じーさんばーさん」の略語に思えたので以来、じーさんばーさんという長ったるい言葉の略語として使っている。「じ」が「ぢ」に変わった理由はたぶん「おぢいさんの店」の影響。
CIMG3765.jpg



稀に20代中盤くらいの人もいましたが。で、そんな感じで新幹線を降りたぢばさん達がオーウ本線のホームに溢れかえっていました。

今の様子と気持ちを歌にするとこんな感じです。

大宮発の新幹線をおりた時から
新青森駅は太陽の下
西(弘前)に行く人の群れはみんなうるさく
駅員さんは大変そう
わたしも一人 奥羽本線に乗り
うだるような暑さ見つめ鳴いていました
ああ津軽地方 夏模様

現地では特に意識していなかったのですが、帰ってからよくよくよく見るとこれって40分間電車が来ないってことですよね!ひやー恐ろしいー! 乗り過ごさなくてよかった。
CIMG3968.jpg

乗り過ごさずに余裕で乗れたのでこんな風景のローカル線に乗って弘前を目指します。
CIMG3970.jpg

車内は観光客でごった返してうるさかったため車内のアナウンスがロクに聞こえなかった。だから駅に着いてからいつまでも止まったままで何やってるんだと思ったら、反対方向から来る電車の待ち合わせをしていたなんてことがありました。
CIMG3971.jpg
てか、これ単線です。

見たこともないキャラクター。
CIMG3972.jpg

ボタンを押せばドアが開くって別に教えてあげるほどのことでもないと思うけど。高崎線だってそうだし。まあ、手動で開くっていうのは教えておかないとまずいですけどね。
でもね♪ 奥羽本線の電車は性能が良くて高崎線みたいに発車前にホーム側のドアがすべて自動で開くとかいう無駄な作業がないんですよ。

いろいろありましたが? 、弘前に着きました。
CIMG3973.jpg


CIMG3974.jpg

りんご
CIMG3975.jpg

弘前城400年で盛り上がっています。
CIMG3977.jpg

駅の中に観光案内所があったので入りました。
CIMG3978.jpg

以下わたしと担当者の会話(の要旨)

龍「弘前に来たからには行かないと損をするという場所はどこですか。」(楽しいとこ何処? などとぐだぐだ聞くのも面倒なのでバッサリ切りだしてみました。)
担「弘前城ですね。ここに行かれる方が多いです。」
龍「そうなんですか。」
担「100円で乗れるバスが駅から10分間隔で出ていますから、このバスの土手町循環に乗れば弘前城に行けます。」
担「弘前城の北側には伝統的建造物保存地区があります。」
担「時間があるようでしたらお城の南側にはお寺が並んでいる場所もありますし、また教会や洋館もあります。」
龍「お城まで歩いて行くとどれくらいかかりますか。(バス代をケチろうとした)」
担「大体25分くらいかかります。」
龍(じゃあバスで行こう。)
担「市立観光館というものがあり、ここでは津軽の郷土料理を出している店があります。洋食が食べたいようでしたら○○○(忘れた)に行けばフランス料理が食べられます。」
   ・
   ・
   ・
   ・

というわけで、バスに乗って弘前城に行くことにしました。
そして、遂にわたしは駅から出て!東北への第一歩を踏み出しました!!!!!

・・・・・が、地面が硬かったために記念すべき東北への第一歩の足跡はつきませんでした。

イメージ映像です。
APORO.jpg

しかし問題なのはコレ。駅を出てまず目に入ったのが東横イン(爆)
CIMG3979.jpg

沖縄の時といい、今回の弘前といい、ステキな気分が台無し!!!!
どこに行ってもこんなものがあって、もうここまで来ると埼玉並みにウゼーな。
勝手に入口を改装してろよ。

そして乗ったのは「100円バス」というあまりにも分かりやすい名前のバス。10分間隔ってのがすごい。桶川市バスは1時間間隔なのに。
CIMG3980.jpg

バスを弘前市役所前で降りると、近くには市立観光館と弘前城の門があります。

ひろさきゆるいキャラクター「たか丸くん」・・・・・・の石像。
CIMG3981.jpg

400年祭の旗。
CIMG3982.jpg

弘前市立観光館。
CIMG3983.jpg

中に入るとみやげ物店がありましたが、今ここで買い込むと持ち運びに困るし、他で買うものがなくなるので、すぐに飲むことを前提に、りんごジュースを買いました。

それがコレ。
CIMG3984.jpg

りんご100%です。 味は…りんごです! それ以外言いようがありません。そしてりんごなだけあってうまい。

さらに市立観光館の中にはお食事処もあってここで津軽料理が食べられるのです。

注文したのは天麩羅ソバと津軽の郷土料理けの汁
CIMG3985.jpg

でも、けの汁と言われても分からないので注文する時に聞いたのですよ。

「すいません。けのじるってどんなのですか?」
けのしるというのは細かく刻んだ野菜や大豆などが入っている味噌汁のようなものです。」

だそうです。「けのじる」ではなく「けのしる」。濁らないんですね。わたし、先祖代々埼玉県民なので「じる」と言いたくなってしまうんですよ。
こうやって一人で埼玉から遠く離れてみて言葉の違いというものを感じました。
もっとも、埼玉が異常なだけだと思いますけど(汗
何しろ地元の地名にすらだぐでんをつけるんですから。桶川の場合でも「坂田」とか「倉田」を「さかだ」とか「くらだ」って呼ぶことがあるんですもの。
交差点にも「Sakata」って書いてありますし、わたしはずーっと「さかた」だと思ってきましたし、「さかだ」だと垢抜けない感じから「さかた」と呼んでいます。

けの汁。
CIMG3986.jpg

社団法人弘前観光コンベンション協会によれば粥の汁(けのしる) とは

一月十六日(小正月)に作られる伝統料理です。「粥」は七草がゆからあてられた呼称ともいわれ、野菜の無い冬場、保存しておいた材料を用いた滋養あふれる料理といえます。大根、人参、ごぼう、わらび、凍豆腐、こんにゃくを五ミリ角位に細かく切り、一気に煮込み、赤味噌で味付けします。昔は大鍋で沢山作り、温め直して食べました。日を重ねるほどに素材の旨さがにじみ出てきます。

とのこと。

で、肝心の感想はというと見栄を張らない素朴さが和む味です。
いかにも郷土料理という感じのもので、全然違和感なく受け入れられます。

一言で表すと普通においしいといったところですかね。感覚としてはけんちん汁に似た感じですが、山菜が入っている分にぎわいがあります。

というわけで津軽の味を食べたので、これから弘前城に行きます。

スポンサーサイト
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

【お知らせ】 公表から1年を経過した記事に対するコメントには返答をしない場合があります。1年以内にコメントが投稿されなかった記事はコメントの受付を停止します。

コメント

コメント

元羽龍鳥様

旅のレポートありがとうございます。
なんだかとても充実しているようでなにより!

撫牛子って駅の写真がとても素朴で良いです。
私もどこかに旅行に行きたくなってきました。

くれぐれも旅路に気をつけて!!

コメント

上尾のかっしーさん

今回は1分1秒厳格な予定を建てたわけではないのでお気楽グダグダ旅のような節もありましたが(八戸に行けなかったりとか…)行ってよかったと思いますよ。
また1万円で行ける機会があれば行きたいですし。

「なでしこ」の間に牛が入ると「ないじょうし」♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

非公開コメントは最新コメント欄に表示されないため投稿に気がつかない場合があります。非公開コメントを投稿したことを公開コメントで知らせていただけるとありがたいです。

トラックバック

http://rougtry.blog117.fc2.com/tb.php/242-504bc978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | ホーム |  次のページ»

ヘッダー画像について

城山公園の大池

プロフィール

元羽龍鳥 …ではないです

Author:元羽龍鳥(げんばるとう)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加

検索フォーム

カテゴリ

【道路工事】 (165)
圏央道 (56)
上尾道路 (19)
川越栗橋線 (26)
第二産業道路 (7)
桶川市内の区画整理・生活道路 (53)
道路工事(その他) (4)
【桶川の話題】 (91)
ベニバナウォーク桶川 (6)
市役所建て替え事業 (5)
イベント (13)
歴史 (8)
風景 (7)
雑学 (2)
珍百景 (5)
桶川検定 (4)
桶川の話題(その他) (41)
私的話題 (23)
【市外の話題】 (31)
グリコ北本工場 (7)
大宮区 (3)
久喜市 (4)
その他市町村 (17)
埼玉県 (3)
外環道 (2)
削除済み記事 (28)
未分類 (1)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。