スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

Palace of Lotus Paddy condominium

When in the course of human Events, it becomes necessary for one People to dissolve the Political Bands which have connected them with another, and to assume among the Powers of the Earth, the separate and equal Station to which the Laws of Nature and of Nature’s God entitle them, a decent Respect to the Opinions of Mankind requires that they should declare the causes which impel them to the Separation.

We hold these Truths to be self-evident, that all Men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain unalienable Rights, that among these are Life, Liberty, and the pursuit of Happiness―-That to secure these Rights, Governments are instituted among Men, deriving their just Powers from the Consent of the Governed, that whenever any Form of Government becomes destructive of these Ends, it is the Right of the People to alter or abolish it, and to institute a new Government, laying its Foundation on such Principles, and organizing its Powers in such Form, as to them shall seem most likely to effect their Safety and Happiness. Prudence, indeed, will dictate that Governments long established should not be changed for light and transient Causes; and accordingly all Experience hath shewn, that Mankind are more disposed to suffer, while Evils are sufferable, than to right themselves by abolishing the Forms to which they are accustomed. But when a long Train of Abuses and Usurpations, pursuing invariably the same Object, evinces a Design to reduce them under absolute Despotism, it is their Right, it is their Duty, to throw off such Government, and to provide new Guards for their future Security. Such has been the patient Sufferance of these Colonies; and such is now the Necessity which constrains them to alter their former Systems of Government. The History of the Present King of Great-Britain is a History of repeated Injuries and Usurpations, all having in direct Object the Establishment of an absolute Tyranny over these States. To prove this, let Facts be submitted to a candid World.



・・・・・・・・・・・・ Ikinari wakeno wakaranai Eigoga kakarete imasuga, hondaitoha mattaku kankei arimasen. Daimeiga Eigodattanode nantonaku Eigono bunwo sonyu shitemimashita. chinamini kono Eibunha America gasshukoku no dokuritsu sengenbun desu.


というわけで、開いてみたらおかしなことになっていてナニコレ珍八景状態になったかもしれませんが、今回の記事は題材自体がナニコレ珍八景なんです。それはロータス・パディ・シティこと蓮田市で見つけたヘンなものです。

蓮田の某所(さいたま栗橋線近く)にこんなマンションがありました。
CIMG4231.jpg

ちょっと待て、上の方がなんかおかしくないか!?

この無意味にゴージャスな最上部は何だ!!!
CIMG4232.jpg

しかもなんか女神様までいるしwwwwwww


一番上だけ宮殿みたくなっているけれど、一体誰の部屋なんだよ。このマンションを牛耳っている事業者の社長か?

それともカーテンが閉まっているからただの飾り?


どことなく痛々しい感じがします(笑



あーそれと、上の写真にマミの看板がおかしく映り込んでいますが、すぐ近くにマミーマートがあるのです。

だけどここの店の内部がやヴぁい

青果コーナーを通らないと他の場所に行けないんです。


どういうことかといいますと…

まず見ていただきたいのが普通のスーパーの構造。だいたいは下の絵のような感じになっています。

SCN_0016.jpg

これは坂田のマミが例になっていますが、片方の入口の真ん前に青果コーナーがあり、壁際に冷蔵棚、真ん中に台があるのが大抵の店です。

(ちなみにこのレイアウトは反転している場合もあり、マメトラのマルエツと下日出のヨークマはこの絵と同じで、坂田のコープと末広のヨクマと北本のとりせんは反転パターンです。ただ、中には桶川スターマインのように特殊型もあります。)


しかし!!! 蓮田のマミはこんな感じ。

SCN_0017.jpg


入るといきなり青果コーナーがずらーーーーーーーーーーーーーと並んでいて、強制的にここを通らされます(笑

そして、ここを通り終えてやっと他の所に行くことが許可されます。


なんという辛男顔負け高圧的接待

それに、これじゃあ一度中に入ってからやっぱり入口近くにある青果物が欲しい! となったら、来た道を引き返さないといけないじゃあないの。なんて面倒な。

あと、よく覚えてはいないのですが天井も低かった気がします。スーパーって大概は天井が4メートルくらいありますが、ここは3メートルくらいだったような・・・


店自体は広くていいんですけどね。

品数も多かったし。惣菜も豊富だったし。

スポンサーサイト
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

【お知らせ】 公表から1年を経過した記事に対するコメントには返答をしない場合があります。1年以内にコメントが投稿されなかった記事はコメントの受付を停止します。

コメント

推測ですが

えーと、うろ覚えなのですが、この様な配置のスーパーマーケットは、万引き防止の意味もあって、必ずレジを通らなければならない仕組みになっているようです。

また、一般的に野菜と一緒に果物も配置されていることで、果実の香りで購買意欲を増す効果も含まれています。

と言うわけで、うろ覚えの流通業界話でした。

それにしてもあのマンションのてっぺんは不思議ですね…・どんな人が住んでいるんでしょう?

コメント

下日出谷西2丁目のヒトさん
こんなことを言うのもなんですが、万引きってあまりも堂々とやるとかえって発覚しないものなんです(笑

幼稚園だったか小学生の頃だったかに親と買い物に行って、自分の欲しいお菓子を手に取り、大事に握りしめていたらいつの間にか手に持っていることすら忘れてそのまま店を出て行きました(汗

で、後で気づいて慌てて会計してきましたとさ。今はなき坂田のヤオコーでの出来事でした。

もっとも、レジの前を通ったにもかかわらず忘れているというのだからバカなだけなんですけどね…


そういえばスーパーって大概は入口から見て目玉商品、果物、野菜の順に並んでいますっけ。やっぱり果物の方が華やかだからなんですかね。

コメント

あのマンションのてっぺんはメゾネット式のゲストルームだった気がします。
うろ覚えで恐縮ですが、発売時にチラシが入ったのを見たような・・・・。

女神像は雷鳴とどろく嵐の夜だけ動くようになっています。
こちらは確実な情報です。

コメント

坂田さん
ゲストルームですかー。
でもゲストって誰だろう…

それと雷鳴とどろく嵐の夜だけ動く女神ってますます意味不明ですね(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

非公開コメントは最新コメント欄に表示されないため投稿に気がつかない場合があります。非公開コメントを投稿したことを公開コメントで知らせていただけるとありがたいです。

トラックバック

http://rougtry.blog117.fc2.com/tb.php/258-260d907a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | ホーム |  次のページ»

ヘッダー画像について

城山公園の大池

プロフィール

元羽龍鳥 …ではないです

Author:元羽龍鳥(げんばるとう)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加

検索フォーム

カテゴリ

【道路工事】 (165)
圏央道 (56)
上尾道路 (19)
川越栗橋線 (26)
第二産業道路 (7)
桶川市内の区画整理・生活道路 (53)
道路工事(その他) (4)
【桶川の話題】 (91)
ベニバナウォーク桶川 (6)
市役所建て替え事業 (5)
イベント (13)
歴史 (8)
風景 (7)
雑学 (2)
珍百景 (5)
桶川検定 (4)
桶川の話題(その他) (41)
私的話題 (24)
【市外の話題】 (31)
グリコ北本工場 (7)
大宮区 (3)
久喜市 (4)
その他市町村 (17)
埼玉県 (3)
外環道 (2)
削除済み記事 (27)
未分類 (1)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。