スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

圏央道開通記念動画

桶川北本インターチェンジが開通してから1か月ほど経ちましたが
川島IC桶川北本ICを巡る動画を作成してみました。



今回は製作時の裏話などを明かします。

BGMはけいおん!というアニメのオープニングです。なぜこの曲を採用したかといいますと私の勝手な思い込みからです。

以前鷲宮の蕎麦屋を紹介しましたが実はあの後に続きがあって川口まで車でぶっ飛ばしました。

そもそも友人の運転で行きまして、彼は川口に縁があるのです。それで昔から時々行っていたらしく、その時にお父様は16号経由で国道122号を通って川口に向かっていたそうな。

で、途中に122号があるじゃないですか。帰りにモラージュの所の122号との交差点に差し掛かった時です。
友「あれ!?122号ってことはここから川口に行ける!?」
龍「うん。行けるねー。」
友「え!?行けるの!?じゃあさー今から川口まで行っていい?」
龍「いいよ。」
というわけで特に予定もなくおひまのおちゃちゃ状態だったので122号を通って川口まで行くことになりました。以前から彼に122号の良さを聞かされていたのですが、私は菖蒲の2車線区間しか知らなかったため、たいした道ではないという偏見がありました。

桶川で育った私は市内に唯一ある4車線の国道17号を国道の標準だと思っていたので122号が2車線で県道蓮田鴻巣線と大差がないことにものすごくショックを受け、以来国道122号はショボイ国道という思い込みをしていました。

そのような先入観があるなかで122号(菖蒲町内は騎西菖蒲バイパス)を川口まで走ってみると全区間4車線。立体交差導入。岩槻からは東北道に隣接並走、信号もほとんどなくぶっ飛ばし放題。挙句壮大な川口ジャンクション、上は東北、外環、首都高、下は122号、298号の大戦争地帯(笑

これを見てすごいと思わないはずがありません!
なーにがださいたまだ!ヴォーケガーッ!!というくらい壮大な風景でした。個人的には下手な観光地よりもこっちの方がずっとわくわくしました。

その時に車内で流れていたのが今回のBGMの曲。それ以来この曲に122号をかっ飛ばすイメージが出来上がりました。ここから先はこじつけですが122号は幹線道路。圏央道も幹線道路。というわけであの歌がなんなのか突き止め、圏央道動画にこの曲を採用しました。


それと画像ですが上空の写真、べに花畑、ふるさと館の画像はネットで拾ってきたものです。


そういえヴぁー。おととい圏央道の「つくば中央IC」が開通しましたねぇー。
ということでまたあの画像を更新しました。
dourokensetsu3.png

「そういえヴぁ」を変換したら「相違エヴァ」になった…

スポンサーサイト
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

【お知らせ】 公表から1年を経過した記事に対するコメントには返答をしない場合があります。1年以内にコメントが投稿されなかった記事はコメントの受付を停止します。

コメント

コメント

ちなみに、4月30日のテレ朝ミュージックステーション(タモリさんの司会のアレ)でけいおん2期OPED揃ってCDランキング1位2位フィニッシュでした。スタジオに呼ばれてたゲスト連中羞恥プレイっす。ランキングにも入っていないアーティストが雁首揃えてましたよ。あっはっは~。

もしかしたら中にはアニメ番組とタイアップしてCD出してるアーティストもいたりするんだろうけどねっ。

アニメファンはその作品に惚れ込むと、一種のコレクター魂ってのもあって、作品のアイテムを買い集める特質も持ち合わせていたりします。よって、人気作品になれば固定客がつくことになるんですな。

それに比べていわゆるアーティストってやつとか、アイドルファンなんてのは薄い薄い。食い散らかすのが関の山で、せいぜい美空ひばりや山口百恵、松田聖子あたりのファンが固定化され、安定してはいるだろうが、今の若い連中は「あの曲いいんじゃね?」ぐらいしか捉えていない事の方が多く、ファンの固定化なんてのは出来ていないのが音楽界であろうと思われます。
(ちなみにここで挙げた3人の歌手は、シングルが売れなくても、定期的にベストヒット集とか全曲集なんかを出せばある程度売れちゃう人たちの代表選手です。)

ちなみに今回のけいおん第2期OPEDシングルですが、OP=約25000枚、ED=約23000枚の売り上げらしいです。これでランキングのワンツーフィニッシュを決められているようじゃ、アーティストやアイドルの力など微々たるものよ。わっはっは~。悔しかったら毎週3万枚売り切る力を発揮してみせい!!!
アニメファンである私的には喜ばしいことではあります。

と、桶川にも圏央道にも全く関係ないお話ではありますが、動画のBGMにけいおん!OPを使っていただいた事だけに関するレスですた。

コメント

動画を作成してからまだ日が浅いですが偶然にも(「ミンス党」でググったら)こんな動画を見つけてしまいました。
http://www.youtube.com/watch?v=yDjnGw6hZyQ
民主批判と嫌韓を同時にやってのけています。空耳のレベルが滅茶苦茶高いです。

これをアニメファンがどう思うかはわかりませんが風刺としての効果はあるかと。

コメント

ないすようつべ。

フルコーラスバージョンでよくまとめてあるね。
これがニコ動だとコメント流れてウザかったりするんだけど、ようつべならすっきり見られてCOOL。

空耳レベル非常に高いですなぁ。感心感心。
基本的にけいおんOPは歌詞が聞き取りにくい(2期もね)ので、カラオケでも歌うのは難しい部類の曲になっています。
私自身も民主党の政策に対して非常に危機感を持って生活している一人でして、埼玉県知事の上田氏(民主党系)就任時点で「どーなっちゃうんだろ?」って不安に駆られた記憶があります。
果たして埼玉県って良くなっているんだろうか?と今考えると、就任後数年、なーんにも変わったことが無いんで、やっぱり民主党って駄目だな。と思う今日この頃です。

まあ、自民党に反旗を翻し、政権を奪ったのであるから民主党にはまず「憲法改定」ぐらいしてもらわんといかんですな。自民党政権運営の全面否定が政権を奪った者の第一政策であると。
何せ日本国憲法を制定した政党=自民党なのですから。
憲法改定をすることが「我が政党が目指す日本の姿の具現化」と考えるのが是である。
この論議をしないならば、「所詮は自民党の血が流れている分家筋」なんですね。
「田中角栄(ロッキード事件)、金丸信(佐川急便疑惑)の血脈を受け継ぐ金満政治体制政党」と断じざるを得ない。
だって小沢さんがいるんだもの。
要は「真・自民党」こそが「民主党」の真の姿ってことで。
「法律に触れなきゃ国民の声なんて知るもんか」政党なんですね。
党代表が部下の幹事長を律せないなんてのはまず信用ならないですな。
小沢のやりたい放題的な今の日本。
是非とも強制起訴まで行って欲しいでつね。
「これが国民の声だ」と思い知るべし。

こうなる原因は…「民間会社経験のない者が国会議員になってしまうこと」なのですな。
国の行く末を憂うのは良いことではあるが、政治のことだけしか勉強していない状態で大学卒業、30歳にも満たない輩が「最年少当選」なんてことで浮かれた状態で政界に入ってしまうと言うことは、社会の流れや国民の本当の目線と言うものを知らずに政治家になってしまうのです。
官僚出身の政治家も同様ですね。法律の解釈を所属省庁に都合の良い風に捻じ曲げ、運用してきた輩に国民の意思なんてのは見えるはずがない。



コメント

続きまして、ちょっと前から「自民、民主の二大政党制の始まりだ!」と喝采している人たちがいますが、私はそう考えていません。

「大自民党一党体制」。これが私の見方です。

「このままじゃ俺達総理大臣になれないじゃん」って思った人たちが自民党から抜けて集まった連中が
新党さきがけとか、新進党やら、改革クラブとか、新党を立ち上げたわけで、
かつて(今もか?)自民党では「派閥」と言う慣習がありますが、「派閥」という名前が消えつつある中で、「党」と言う名前の「派閥」が形成されつつあるのが現在の政界の流れであると私は考えています。

この流れからすると、「その政党(派閥)を支持すること」=「総理大臣を指名すること」に直結することを意味します。
おや?これって以前話題に上がった「首相公選制」に近いと思いませんか?

「大自民党の派閥を支持する」=「国民自身が総理大臣を生み出す」構図になってくるのですね。
「国会議員が首班指名をする」ことから「国民が首班指名をする」体制に近づいたことになってくる気はしませんか?

これからの国民は一層「将来の日本のかじ取りを誰にやってもらうのか」真剣に考える時代になってきたと言えるでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

非公開コメントは最新コメント欄に表示されないため投稿に気がつかない場合があります。非公開コメントを投稿したことを公開コメントで知らせていただけるとありがたいです。

トラックバック

http://rougtry.blog117.fc2.com/tb.php/58-0b7386f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | ホーム |  次のページ»

ヘッダー画像について

城山公園の大池

プロフィール

元羽龍鳥 …ではないです

Author:元羽龍鳥(げんばるとう)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加

検索フォーム

カテゴリ

【道路工事】 (165)
圏央道 (56)
上尾道路 (19)
川越栗橋線 (26)
第二産業道路 (7)
桶川市内の区画整理・生活道路 (53)
道路工事(その他) (4)
【桶川の話題】 (91)
ベニバナウォーク桶川 (6)
市役所建て替え事業 (5)
イベント (13)
歴史 (8)
風景 (7)
雑学 (2)
珍百景 (5)
桶川検定 (4)
桶川の話題(その他) (41)
私的話題 (24)
【市外の話題】 (31)
グリコ北本工場 (7)
大宮区 (3)
久喜市 (4)
その他市町村 (17)
埼玉県 (3)
外環道 (2)
削除済み記事 (27)
未分類 (1)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。