スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

桶川に崖の町があった

埼玉って平坦ですよね☆彡
そりゃー日本最大面積の関東平野のど真ん中に位置しているんだから当たり前でしょうが。

実は私こういう風景が好きなんですよね。

坂道のすぐ横に崖があってその上に家があったり、
saka1.jpg

坂道の横に崖がありさらに坂道の下も崖になっていたり
saka2.jpg

いつかいいましたが上に高架が通っている薄暗い道路はたまらなくたまらない萌え☆道路。でもこういう風景にも萌え☆てしまいます。変態ですね。

埼玉にはこういうところがあまりないです。クレヨンしんちゃんでは野原家とふたば幼稚園の間には必ずものすごく急勾配な坂がありますが、 春我部  春日部にはあんなところはないんじゃあないですか。行ったことないからわからないけど。
アニメとかで上みたいな風景が出てくると少し憧れます。


・・・・・・・・でも桶川市って案外起伏があるんですよね。自転車で走っていると実感します。川田谷では特にそう感じますが、急勾配のある土地はほとんどが農地なのであんまり萌え☆ません。川田谷の家のほとんどは高くなっているところにあるけど坂と崖がないんですもの。
やっぱり市街化した崖でないと魅力がないですね。

でも見つけてしまいました、市内に市街化した坂と崖のある風景を!

それが桶川市坂田です!
坂田ってあの交差点の坂田?ずいぶんと大きな交差点ですこと。でも傾斜なんてないよ。
坂田地区といっても広いんですよ。坂田交差点はもう坂田の端の端。それなのに「坂田」なんて名前にしていいのかって思うほど端っこです。
で、今回見つけた場所は坂田の中央部です。

とりあえず見てくださいな。
TS3L0149_20100529111446.jpg

この辺りは区画整理が行われたので街並みが結構整っていますが、この崖が結構雰囲気出していると思うのは私だけでしょうか。そもそも崖坂に魅力を感じているのは私だけ?・・・だろうな…

この家は庭に入るのに階段を上っていきます。
TS3L0150_20100529111508.jpg

場所は変わりまして埼玉県立桶川高等学校の体育館の裏です。ここの道は平らですが崖があってその上に体育館という萌え☆てしまうような風景ですよ(私だけ…)。
TS3L0152_20100529111528.jpg

同じく桶高の体育館の脇。坂があって崖があってしかも切通しになっていて いい風景ですな~。和みますわ。
TS3L0153_20100529111554.jpg

最初の絵ほどではありませんが桶川にも結構いい景観があるじゃないですか。何というか萌え☆町ですね♪

そういえば下日出の知足院の脇にも崖がありましたっけ。こっちはもっと高かった。思い出してみれば見たときにやっぱり魅力を感じていました。


今気付いたのですが坂田って坂があるから田なんですかね。昔はこの辺りには坂に水田があって棚田のようになっていたからかな。萌えてばかりいないでまじめに地名の由来を調べると面白いかもしれません。

スポンサーサイト
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

【お知らせ】 公表から1年を経過した記事に対するコメントには返答をしない場合があります。1年以内にコメントが投稿されなかった記事はコメントの受付を停止します。

コメント

コメント

崖っぽい風景がこの平地で現出するのは、大宮台地(桶川含む南北に連なる大地。ご存知ですよね)とその下に当たる本来の平地との境目に当たります。

大宮台地の中に流れる川の流域と護岸区域はある意味山と谷の関係(大げさに言うと河岸段丘のような感じ)にあり、その部分において崖のような風景が連なっています。

街中を走っていて「お、ここは!」って坂を発見した場合、そこは大宮台地の縁部である可能性は大いにあります。

話は変わって…
私の好きなアニメの世界でも、主人公に先んじてヒロインが崖沿いの石段をミニスカートであることを気にせずに駆け上がって、「気持ちいいね、●○くん!」なんてくるりと振り向くシーン(ヒロインはハートドキドキパンツチラチラ、主人公は股間ムラムラ)なんてのが良くあります。
そう言った意味でもこの手の風景は「萌え」ポイントなのですなぁ。
ちょっとだけ高所共有感覚って感じで、恋愛においても大切な立地なのですな。崖っぽい地形と言うのは…(一人納得)

しまった!またまた妄想ぶっちぎりで〆てしまった…(失敬失敬)

コメント

下から眺めて歩くことができませんが、高崎線の赤羽‐上野の西側にある薄暗い苔の生えた崖が結構好きです。あれは東京の下町と山の手の境ですね。

そういえば昨日の新聞によると埼玉県は自転車の台数(だっけ?曖昧ですいません)が日本一多いらしいです。平地が多いから自転車の移動が楽ですからね。でもところどころに坂もあるので長い坂と急な坂に出くわしたときは結構大変。

コメント

埼玉県は自転車の台数日本一>正解っす。

要因の一。埼玉は全体的に平地が多いこと。県全体のほぼ6~7割は平地。

要因の二。ブリヂストンサイクル本社工場を埼玉県(上尾)が抱えていること。工場前の通り(北上尾駅直北の踏切のある道)は「ブリヂストン通り」って呼ばれてます。

要因の三。最近の健康ブームの中での自転車への注目が埼玉県は大きい。駅一つ二つは自転車で移動。って言う通勤客はここ数年で増えている。

要因の四。ホームセンターなんかでは比較的手軽に自転車が購入できる環境にある。中には数千円で買える自転車もあったりする。(そのお陰でちょっと故障しても買い替えちゃえなんて人もちらほらいるので、放置自転車問題の拡大にもなってはいたりする)

要因の五。まちづくり、道路環境整備が全国に比べて、埼玉県は上手く立ち回って整備されている県じゃないかなぁって思うんです。(東西間整備が急務ではありますが)我らが桶川市についても優先順位はあるかと思いますが、区画整理などが順調に進めば、自転車環境についても良い感じで整備されるんじゃないかなーって思います。

コメント

春日部には~~こんなクレヨンしんちゃんのような坂はないな~~(-_-;)
在住16年

う~~~レアな写真!(^^)!

我が母校!?

コメント

いさん
春日部在住ですかー。社会科的には羽子板が有名ということになっていますがやっぱり春日部と聞くとしんちゃんを想像してしまいます(それか4号と16号の立体交差)。それと、写真に母校が映っていましたかー!?

自分で撮った写真ですが改めて見返してみると桶高脇の崖は丘陵地を思わせるなかなかいい風景だなあと思いました。そういえば西中の校門前にもすごい坂がありましたよね。

ついでですが上日出谷にも崖のある坂道がありますよ。
http://rougtry.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=3826116

コメント

るとうさん

コメントどうもです。

貼っていただいた坂は思い出せません(泣

よく考えれば。。。

上尾の藤波(ゴルフ場)から

北本までの道って結構起伏ありましたね・・・

でも今通ると。。。。

なんじゃここは(汗

どこが道やねん!?

知足院の前はあんまり使ってないみたいだしね(ーー;)


桶高の裏の写真はいいですね(^^♪

夏でもひんやりしてますから(笑


西中の坂も勾配ありますね


かなり鍛えられました(>_<)


郷土を出て20年位になりますが

改めてるとうさんのブログを拝見させていただき

じ~~~~~んと感じてしまいました(^^)v

どうもですm(__)m

あ~~~何日かすると

行かなくちゃですね(笑




コメント

いさん
写真の坂は藤波から北本まで続いている道ですが郷土を出て20年だとご存じないかもしれません。
この辺りは大々的に区画整理をやっていて道がだいぶ変わっています。ここの坂の道も区画整理でできたものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

非公開コメントは最新コメント欄に表示されないため投稿に気がつかない場合があります。非公開コメントを投稿したことを公開コメントで知らせていただけるとありがたいです。

トラックバック

http://rougtry.blog117.fc2.com/tb.php/68-c36a3967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | ホーム |  次のページ»

ヘッダー画像について

城山公園の大池

プロフィール

元羽龍鳥 …ではないです

Author:元羽龍鳥(げんばるとう)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加

検索フォーム

カテゴリ

【道路工事】 (165)
圏央道 (56)
上尾道路 (19)
川越栗橋線 (26)
第二産業道路 (7)
桶川市内の区画整理・生活道路 (53)
道路工事(その他) (4)
【桶川の話題】 (91)
ベニバナウォーク桶川 (6)
市役所建て替え事業 (5)
イベント (13)
歴史 (8)
風景 (7)
雑学 (2)
珍百景 (5)
桶川検定 (4)
桶川の話題(その他) (41)
私的話題 (23)
【市外の話題】 (31)
グリコ北本工場 (7)
大宮区 (3)
久喜市 (4)
その他市町村 (17)
埼玉県 (3)
外環道 (2)
削除済み記事 (28)
未分類 (1)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。