スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

桶川の夏祭り

TS3L0164_20100630194849.jpg

7月になりました。梅雨入りしたっていうのにほとんど雨が降らなくて無駄に暑いムシムシした日がずっと続いていましたがなんですかここ最近の夜のゲリラ豪雨は。まあそれはいいとして、べに花まつりが終わった途端に中山道や駅周辺に御祭禮提灯がセッティングされたけれどどうも祭りという雰囲気がしない今日この頃。今年は祭りに行くかどうかわかりませんがとりあえず桶川祇園祭を勝手に紹介します。といっても旧桶川Wikiからコピペしただけです(微修正はあり)。でもそのあとで新たに書き下ろした文章と写真もあります。

ちなみに御祭禮提灯ですが1個1890yenだそうです。

ココで買えます♪

提灯(ちょうちん)/御祭禮【PR用品のぼたんや】販促・店舗装飾品販売

桶川祇園祭
おけがわぎおんまつり【桶川祇園祭

地上風景
中山道で年1回、行われている桶川の夏祭り。
今はなき市神社の祭りで、ここには牛頭天王が祀られていたことから祇園祭となっている。
毎年曜日にかかわらず7月15日と16日に桶川宿内(市役所入口から大塚屋があるところまで)の中山道(県道鴻巣桶川さいたま線)などを歩行者天国にして桶川祇園祭祭典委員会の主催で行われている。2日間の来場者は約10万人らしい。
以前は「桶川の祭りの日はどっちかに必ず大雨が降る」という都市伝説(というかジンクス)があったが近年は雨に降られることはなくなっている。

1738年にかつて中山道(現在の東和銀行の場所)にあった市神社の前で行われた祭りが起源と伝えられている。市神社は通行の邪魔になったことから1876年に稲荷神社の境内に移されて、現在は八雲神社となっている。昭和初期には7月14日と15日に行われいた。山車がなかった戦前は代わりに夫婦獅子が巡行していた。
また山車も初期には鉾山車という今のものよりも高さのある山車だったが電線が引かれたのに合わせて現在のような屋台型の山車になった。鉾山車の頂上にあった人形も下ろされて、栄会では会所の前においてある。
夫婦獅子

桶川は江戸と京都を結ぶ中山道の道中に位置し、特に桶川臙脂と呼ばれた紅花の栽培が盛んで、遠方から買い求める者もいたことから他の地域の文化がもたらされることもあった。この祭りにおいても囃子は江戸から、山車の引き回しは京都から取り入れている。そしてこの折衷は桶川の文化となっている。

参加団体
八雲会山車
下日出谷神輿

  • 本街保存会(神輿・山車)
  • 栄会祭典委員会(神輿・山車)
  • 八雲会(神輿・山車)
  • 相生保存会(神輿)
  • 下日出谷保存会(神輿)


この5団体が桶川祇園祭祭典委員会を構成する主催団体である。神輿と山車を持っていて各町内には「会所」がある。
これ以外にも以下の町も参加している。

  • 泉二丁目
  • 倉田
  • 北中丸(北本市)


交通規制
2日間とも15時から22時まで中山道の桶川市役所入口交差点から富士見通り交差点までと駅通りを歩行者天国にして行われる。ただし大塚屋がある交差点から富士見通り交差点までの区間は18時まで歩行者天国となる。
この規制に伴って桶川駅東口発着の朝日バスとべにばなGOが西口発着となる。

その他
夜になるとモリテーラーのネオンがやたらと目を引く。

外部リンク




・・・・・とまあ、手抜いて昔書いた文章をそのままお見せしたわけですが、もう少し話を追加したい思います。ここからはいつものブログの調子になります。

神輿だけではなく櫓でも囃子の演奏があります。
Gion04.jpg

4時頃には客足はそれなりに。
上空風景昼

でも6時頃になると黒山の人だかり。ヤバいっすなー!もう少しどうにかならんのか。ちなみにこの時間には神輿が桶川駅前交差点を通過します。
上空風景夜

夜になると今度は桶川駅前に山車が集結します。
PAP_0002.jpg

駅通りにあるセブンイレブンといえば毎年ごみ箱にテキ屋のごみを捨てられた挙句ごみ箱を破壊されるという(大)惨事が起きていますが去年(今までの写真は2008年の様子。ここから先の3枚は2009年。)はついに反撃に出たようです。今こそ商売時と店の外でも軽食を売り出しました。
TS3L0174_20100630214442.jpg

ところで「テキ屋」と意図的に片仮名で書いていますが漢字だと「的屋」ですよね。最初「まと屋」と読みまして弓矢で的当てをする屋台のことだと思っていました(笑
的がなくても焼きそば屋でも的屋なんですね。

栄町の山車です。
TS3L0179.jpg

今さらっと栄町といいましたがなんですか栄町って。他にも相生町とか桶川にそんな町はないですよ。この祭りでのみ耳にする独特の町名はいったい何なんだ。

・・・・・・まあ旧町名だってことはなんとなく想像がつくんですがいつまで存在したのか、住居表示実施前にあった大字桶川との関係はどうなっているのかがよくわかりません。今度調べてみよっと。観光協会に行けば教えてくれるかもしれないですし。

相生町
栄町
本町
立花町
緑町

知っている町名はこれくらいです。

話は祭りに戻って北中丸囃子連です。主催団体ではありませんが北本市からも参加しています。
TS3L0180.jpg

話は歴史的なものになりますが、上の文章で「山車も初期には鉾山車という今のものよりも高さのある山車だったが電線が引かれたのに合わせて現在のような屋台型の山車になった。鉾山車の頂上にあった人形も下ろされて、栄会では会所の前においてある。」と書いてあるように明治期と今では山車が違っています。

…これが明治期まで練り歩いていた鉾山車です。
出典:「上尾・桶川・北本・鴻巣の100年
hokodashi.jpg

明治40年ごろの様子だそうです。すでに書いてある通り、変わった理由は電線に当たらないようにするためであります。ということは電線地中化が実現すればこの鉾山車の復活もアリか!?

そして夏祭りといえばどうしても毎回気になるのがモリテーラーのネオン。あの特徴的な光り方が目を引きます。
・・・というわけで今年の祭りにはモリテーラーのネオンを動画撮影しに行きます!

スポンサーサイト
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

【お知らせ】 公表から1年を経過した記事に対するコメントには返答をしない場合があります。1年以内にコメントが投稿されなかった記事はコメントの受付を停止します。

コメント

コメント

ありがとうございます。
この4月に四国から桶川に引っ越して参りました。初めての桶川のお祭り。
おかげさまで様子が分かり、楽しみ倍増です。夕方から出かけてきますね。
写真もふんだんで、分かりやすく書いていただいて感謝申し上げます。

コメント

かおるさん、こんばんは
お役にたてたならうれしい限りです。

今年のわたしは…15日にすこーしだけ顔を出しただけでしたorz

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

非公開コメントは最新コメント欄に表示されないため投稿に気がつかない場合があります。非公開コメントを投稿したことを公開コメントで知らせていただけるとありがたいです。

トラックバック

http://rougtry.blog117.fc2.com/tb.php/91-10f4beb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | ホーム |  次のページ»

ヘッダー画像について

城山公園の大池

プロフィール

元羽龍鳥 …ではないです

Author:元羽龍鳥(げんばるとう)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加

検索フォーム

カテゴリ

【道路工事】 (165)
圏央道 (56)
上尾道路 (19)
川越栗橋線 (26)
第二産業道路 (7)
桶川市内の区画整理・生活道路 (53)
道路工事(その他) (4)
【桶川の話題】 (91)
ベニバナウォーク桶川 (6)
市役所建て替え事業 (5)
イベント (13)
歴史 (8)
風景 (7)
雑学 (2)
珍百景 (5)
桶川検定 (4)
桶川の話題(その他) (41)
私的話題 (23)
【市外の話題】 (31)
グリコ北本工場 (7)
大宮区 (3)
久喜市 (4)
その他市町村 (17)
埼玉県 (3)
外環道 (2)
削除済み記事 (28)
未分類 (1)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。