スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

旧町名の謎&菖蒲新道の名前の由来がわかった

以前「桶川の夏祭り」の記事で・・・

なんですか栄町って。他にも相生町とか桶川にそんな町はないですよ。この祭りでのみ耳にする独特の町名はいったい何なんだ。

・・・・・・まあ旧町名だってことはなんとなく想像がつくんですがいつまで存在したのか、住居表示実施前にあった大字桶川との関係はどうなっているのかがよくわかりません。今度調べてみよっと。観光協会に行けば教えてくれるかもしれないですし。

相生町
栄町
本町
立花町
緑町

知っている町名はこれくらいです。


・・・ということを書きましたがこのたび中山道傍にある桶川市観光協会「中山道宿場館」に行って聞いてみました。そうしたらすごいことがわかったという話です。これはネット上にはどこにも載ってない情報です。つまりひそかに世界初の試みだったりします(笑

結論から申し上げますと
大字桶川の小字で、存在した町名は
相生町
若松町
本町
幸町
栄町
立花町
住吉町
若山町
緑町

です。

桶川町の中心部(合併前の旧桶川町東部)には1967年と1968年に住居表示が行われて現在の南、寿、泉、若宮他多数が誕生する前には桶川、町谷、井戸木(上尾から編入)の3つの大字があり、相生町などは大字桶川の小字ということです。
つまり
桶川市大字倉田字西窪台
と書くならば
桶川町大字桶川字立花町
ということになるわけです。

ただし、聞いた話ではこの地名は大昔からあったわけではないようです。江戸時代には宿場町は上中下に分けるように幕府から通達があったようで桶川では京都側から上町、上中町、下中町、下町という町名だったそうです。ちなみに桶川ではどれも残っていませんが中には字を変えて現在も残っている地域もあります。例えば鴻巣の「加美」は「上」に由来するらしいですよ。それが明治になり町名の縛りがなくなると東主浦、稲荷前、若宮などなどなどなど好き勝手名乗るようになったらしいです。それがさらに再編されて上の相生町~緑町になったということです。

これらの話をするにあたって古い地図が載った本を見せてくれて、しかもそれをコピーしてくれました。

これが旧町名の全貌です。地図中の畑や山林は単に畑や山林があったことを表してるだけで地名ではありません。
showa.jpg

明治の初めの様子。(拡大可)
meiji.jpg

1枚目の地図にある幸町は稲荷通りです。元は本町でしたが商店街があり、店がもっと自由を利かすために分離してできたらしいです。若松町と住吉町は元はそれぞれ相生町と立花町に属していましたが駅の西側に三井精機の工場ができるとこの2つの地に宿舎が建設されました。するとこれまた勝手に分離独立したらしいです。ちなみに若松町が作業者、住吉町が事務員の宿舎だったとのこと。

今の地図に書き写すとこんな感じですかね。てきとーに描いたので辺境の地は怪しいです。
choumei.jpg

祭りの町会は
相生町が(相生保存会)
本町が(本街保存会)
栄町が(栄会祭典委員会)
となっていてなぜか立花町は「八雲会」を名乗っています。

現在夏祭り以外でこれらの旧町名が見られるものといえば相生町、桶川本町のバス停、立花会館くらいですかね。あとは某所に「桶川町緑町○○○番地」と表札に掲げたお宅があります。そういえば駅通りに「栄屋菓子舗」って和菓子屋がありますが栄って栄町に由来するんですかね。


旧町名のことはよーく分かったのですが、せっかく観光協会に聞きに行ったのでついでに川越栗橋線、通称菖蒲新道のことも聞いてみました。いったい何で菖蒲新道というのか。新道があるなら旧道もあるんでしょうか。

わたしが旧町名のことをおじさん(おじいさん)に聞いていると観光協会一桶川について詳しいというおばさん(おばあさん)がいらっしゃってその方がおっしゃるには昔東和銀行の前から稲荷神社の前を通って菖蒲に行く道があったそうな。それが起点こそ変わらないがまっすぐな道に改められてその道は菖蒲新道と呼ばれるようになった。しかし川越栗橋線が建設されると「菖蒲新道」の名前はいつの間にかこの道の通称になったらしいのです。で元々菖蒲新道と呼ばれていた道は「稲荷通りに」なりましたとさ。

わたしがいろいろ聞きまくるから張り合いがあったのか他にもいろいろ教えてくれました。寿の稲葉魚店の脇の通り(市道58号線)は昔は「浅間大門」と呼ばれていたそうです。蔵田医院があるあたりに浅間神社があったかららしいです。

といろいろ聞いているとある方がやってきました。その方は花木の郷を創る楽郷の会という会の会員で現在会員募集中だそうです。以下会のHP。

石川川に花木の郷里を創る 桶川楽郷の会

この石川川なんか思いっきり誤植に見えるからわたしは石川堀と呼んでいた(口に出したことは一度もありません。桶川Wikiに書いた時の記事名です。)のですが市の公式地図には「石川川」と書いてあったので以来そう呼ぶことにしました。

・・・・・・とまあいろいろな情報が得られました。観光協会には昭和中ごろの駅通りの写真があったり記念スタンプがあったりしましたよ。どうせ地元なんだしと観光する気が全くなくても我が家のあたりは昔はどうだったのかなど何かわからないことがあったら桶川市観光協会に行って聞いてみてはどうでしょうか。

スポンサーサイト
押していただけるといろいろと嬉しいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

【お知らせ】 公表から1年を経過した記事に対するコメントには返答をしない場合があります。1年以内にコメントが投稿されなかった記事はコメントの受付を停止します。

コメント

コメント

古地図みて興味深いのは下日出谷飛び地と上日出谷飛び地ってなんなのでしょうね?

コメント

とある来訪者さん
飛び地が発生した理由はわかりませんが上日出谷の飛び地は現在解消されています。下日出谷の飛び地は現在も残っています。

周辺地域では飛び地問題がかなり複雑です。北本では下石戸下と下石戸上があちこちでごちゃごちゃしています。もっとひどいのは上尾の北東部で上、久保、南、西門前の無数の飛び地が乱舞状態になっています。
桶川では区画整理で新たに飛び地が発生した所や原因不明の飛び地があったりしますが周辺に比べればまだましな方ですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

非公開コメントは最新コメント欄に表示されないため投稿に気がつかない場合があります。非公開コメントを投稿したことを公開コメントで知らせていただけるとありがたいです。

トラックバック

http://rougtry.blog117.fc2.com/tb.php/98-3ec51d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前のページ  | ホーム |  次のページ»

ヘッダー画像について

城山公園の大池

プロフィール

元羽龍鳥 …ではないです

Author:元羽龍鳥(げんばるとう)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加

検索フォーム

カテゴリ

【道路工事】 (165)
圏央道 (56)
上尾道路 (19)
川越栗橋線 (26)
第二産業道路 (7)
桶川市内の区画整理・生活道路 (53)
道路工事(その他) (4)
【桶川の話題】 (91)
ベニバナウォーク桶川 (6)
市役所建て替え事業 (5)
イベント (13)
歴史 (8)
風景 (7)
雑学 (2)
珍百景 (5)
桶川検定 (4)
桶川の話題(その他) (41)
私的話題 (23)
【市外の話題】 (31)
グリコ北本工場 (7)
大宮区 (3)
久喜市 (4)
その他市町村 (17)
埼玉県 (3)
外環道 (2)
削除済み記事 (28)
未分類 (1)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。